御宿別荘コラム

セカンドハウスとは?別荘との違い

南房総・御宿西武グリーンタウンの仲介情報はこちら

セカンドハウスと別荘、同じものと思っている方も多いかもしれませんが、実は両者は異なるものなのです。
ここでは、セカンドハウスと別荘の違いについて簡単にご紹介しましょう。

セカンドハウスとはどういうものか

セカンドハウスは、遠距離通勤のため勤務先近くに平日に滞在する住まいや週末を家族で過ごす郊外の住まいなどを指します。それに対して別荘とは、非日常的な保養のための住宅を意味します。高原や海辺などの別荘地にあったとしても、長期休暇の際に滞在するのではなく、日常的に利用するのであれば、セカンドハウスということになります。

セカンドハウスとして賃貸物件を利用する人もいますが、長期的なセカンドハウスの利用を考えているのであれば、購入することをおすすめします。
購入することにより、定年退職後などにセカンドハウスが不要になった際は、売却したり、賃貸して家賃収入を得ることもできる場合があります。最近では、資産運用の一つの方法としても認識され始めています。

セカンドハウスは居住用財産に含まれる

セカンドハウスと別荘の大きな違いは、セカンドハウスが居住用財産に含まれる点にあります。
セカンドハウスは、「週末に居住するため郊外などに取得するもの、遠距離通勤者が平日に居住するために職場の近くに取得するもので、かつ毎月1日以上居住の用に供するもの」として定義され、居住用財産として認められます。
一方で別荘は、「毎月1日以上の居住の用に供する家屋以外のもので、専ら保養のために供するもの」とされています。
つまり、セカンドハウスは生活に必須な住居であり、別荘は必須ではない住居として認識されているのです。

税金の軽減措置があるセカンドハウス

セカンドハウスは、一般的な不動産と同様に不動産取得税や固定資産税がかかります。ただし、「居住用財産」として認められるなど一定の条件を満たすことで、軽減措置が認められる場合があります。
セカンドハウスの購入を決める際は、それぞれ税制の対象となる住宅の範囲が時期やその税制によって異なりますので、不動産の売買の際は、事前に確認をして、実際に税金の軽減措置が受けられるかどうかをしっかりと確認する必要があります。

セカンドハウスは、生活に密着した住居として、将来の定住先として生活しやすい間取りを選ぶ方が多いようです。
また、別荘地にセカンドハウスを構え、普段は自分だけが使用し、長期休暇の際は家族で利用するなど、さまざまな使い方が考えられそうです。

ページの先頭に戻る