最終回 こだわりのある住まいづくり
理想のセカンドライフを求めてこだわった住まいづくり。実はご主人が自らデザインを手掛けたもの。
そこには夏も冬も快適に過ごせる風通りや日当たりのよさ、空間を広く開放的に見せる工夫など、
こだわりのポイントが随所に表れていました。

“空気の流れを加味した
			住まい作りで夏も冬もエアコン要らず!”
Q. お住まいのデザインでこだわったところは?
[ご主人]
実は住宅雑誌をたくさん買い込んで私がデザインしたんです。毎月住宅メーカーの担当と納得がいくまで打ち合
わせを重ねました。ここは色んなタイプの住宅があって、遊びに来た人は「住宅展示場みたい」ってよく言うの
で、外構や庭作りにもオリジナリティを追求しました。
住宅で特にこだわったのは、風通りのよさ、日当たり、
柱を立てない、と言うこと。より頑丈にしたかったので
住友林業の木造で建てました。
[奥様]
私からの唯一のリクエストは洋裁ができるアトリエスペ
ースを作ること、でした。あとは主人にお任せです。そ
れから「ソファを置かない!」というのもこだわりですね。
ソファってあるとそこに横になって寝てしまうし、姿勢
も悪くなりますしね。
[ご主人]
ソファに座ると腰に負担がかかるんですよ。ソファをや
めることで広い空間もできますしね。それから窓を大き
く取って、下で暖まった空気が2Fに流れるように工夫し
たので、冬も暖房要らずなんです。お日様さえ出ていれ
ば冬でも暑いくらいの日もありますよ。
[奥様]
だからうちは夏も冬もエアコンをほとんど使わないですね。
[ご主人]
多摩プラーザにいる時は、冬は石油も随分使いましたけどね。朝起きて1番最初にすることは、石油の補充でした
からね。
[奥様]
電気代自体、真冬でも全部使って1万円いかないです。ソーラーも付いているのでかなり光熱費の節約になってい
ます。収納は物置を2つ外に設置して、家の中はすっきり見せるようにしています。部屋がいくつもあると必ず使
わない部屋が出てきてしまうので、1Fも2Fもワンフロアにしたんです。ワンフロアにすることで空気が流れるし、
日当たりもよくなりますしね。
[ご主人]
元々遠からず移住しようと思っていたので、できるだけ家電の買い替えや家のリフォームも控えていました。その
分の思いを住まい作りに反映したというわけです。

“思い切った決断力が
		新しい価値観や見方に出会うきっかけに。”
Q. これから移住を検討される方へアドバイスをお願いします。

[奥様]
千葉って田舎と思われがちだけどすごくいいですよ。空気も美味
しいし、食べ物もおいしいし、交通の利便性もいいし。住みやす
い環境が整っていますしね。程よく人と関わりながらも静かに暮
らしたいという人にはぴったりだと思います。
[ご主人]
何よりも“決断力”だと思います。色々探す中で「ここいいな」
と思っても人間は「どうしようかな」とか「あっちも見てみよう
かな」って考えてしまうものじゃないですか。また「仕事が」とか「家族が」と、行かない理由をいくらでもつ
けてしまいがち。でもそうやっていつまでも足踏みしていても環境は変わらないから、思い切って「行っちゃえ!
」って決断すると、また違ったものの見方や価値観にも出会えるし、人生が深まっていくんじゃないかなと思い
ますね。