軽井沢・千ヶ滝別荘地各エリア紹介・山の手区

  1. 軽井沢TOP
  2. 軽井沢・千ヶ滝別荘地
  3. 軽井沢・千ヶ滝別荘地各エリア紹介・山の手区

千ヶ滝別荘地 山の手区

国道146号線の上部東側一帯に広がるのが山の手区です。
山の手区の開発は昭和40年代から50年代。高度経済成長期に開発が行われました。
軽井沢の別荘地としてはもっとも標高の高い1200メートル付近に広がる山の手区の魅力は何と言っても雄大な自然と涼冷な気候です。
軽井沢駅周辺から200メートルほど高地に位置するため、軽井沢町中心部よりさらに気温は1,2度低く、近年暑さを増す軽井沢にあって、山の手区は避暑地の快適さを失いません。
地勢は傾斜が多く平地は少ないですが、あたりは濃い緑に囲まれており、外周は国有林と接しているため将来に渡り環境が変わる心配はありません。

仲介物件も豊富です。古い建物をご自身でリノベーションされて楽しむ方も多く、ひっそりと暮らすというより、別荘はツールと割り切りアクティブに楽しむというのが最近のスタイルです。
山の手区へ一歩足を踏み入れれば、深閑とした静けさに包まれます。
年を重ね苔生す雰囲気は、長い時間をかけて醸されるもの。
エリア全体に漂うノスタルジックな気配は、お金では買えない価値があります。

千ヶ滝別荘地 山の手区 物件情報

該当件数 | 15

PAGE TOP