軽井沢・千ヶ滝別荘地各エリア紹介・西区

  1. 軽井沢TOP
  2. 軽井沢・千ヶ滝別荘地
  3. 軽井沢・千ヶ滝別荘地各エリア紹介・西区

千ヶ滝別荘地 西区

国道146号線から西側に広がる別荘地最大のエリアです。
管理基地の中心となる千ヶ滝別荘管理事務所もこちらにあります。
管理事務所周辺は大正末期から昭和初期に分譲された歴史深いエリアです。昭和初期に築造され今も残る旧朝香宮別邸は(千ヶ滝プリンスホテル)昭和40年代から平成の初期にかけて夏の御用邸としてご利用されました。また町道沿いの街路には、軽井沢別荘地の特徴であるもみの大樹が作り出す緑の回廊が続き、千ヶ滝別荘地の顔とも言えるシンボリックなエリアとなっています。
管理事務所周辺から西側にかけては昭和30年代から現在に至るまで積極的な開発が行われました。自然の起伏を活かし地形なりに開発された場内は多種多様な表情を持ち、からまつの森、芹ヶ沢、こぶしヶ丘など、それぞれのエリアの特徴を表す情緒的な名称が与えられています。

特に、現在の主流である「からまつの森」周辺はその名のとおり背の高い唐松の森林に囲まれ、秋には黄色に色付いた葉針に彩られる人気のエリアです。
地勢は比較的平坦で1区画300坪に区切った土地を20区画ずつ碁盤の目上に配置しているため、整然としていながらも豊かな緑とゆったりとした建物間隔により人工的な印象は受けません。また整形地であるために建物設計の自由度が高いという特徴を持ちます。
立地や地勢などトータルの満足度が高く、千ヶ滝別荘地でもっとも人気の高いエリアとなっています。

千ヶ滝別荘地 西区 物件情報

該当件数 | 73

PAGE TOP