1. 軽井沢TOP
  2. 軽井沢・千ヶ滝別荘地

軽井沢・千ヶ滝別荘地

軽井沢・千ヶ滝別荘地とは

千ヶ滝別荘地とは

浅間山を望むなだらかで広大な森林は、1910年代にリゾート地として優れた資質を見いだされ、レジャー施設建設を含んだ総合的な開発が行われました。のちに日本有数の別荘地として成長を遂げる「軽井沢千ヶ滝別荘地」の誕生です。
「軽井沢千ヶ滝別荘地」では、「土地と建物を販売するだけでなく文化を創造する」そんな考えのもとに開発当時は斬新だった“区画分譲方式”が取られ、上流階級が独占していた別荘文化を日本国民にとってより身近なものへと発展させていきました。
戦後、人々に再びゆとりが生まれるとともに、「軽井沢千ヶ滝別荘地」も拡張され、「軽井沢スケートセンター」や「セゾン現代美術館」、「千ヶ滝温泉」等を加えた、日本のリゾートにおける別荘地の基盤が整えられていきました。

年間の気温差は45度以上。2,000m級の山々やなだらかな高原など、変化に富んだ地形が広がり、四季折々の多彩な表情を持つ自然を愉しめる軽井沢。
約690万㎡の広大な敷地に広がる「軽井沢千ヶ滝別荘地」では、そのような軽井沢の自然の魅力を十分にご満喫いただけます。自然の持つ美しさ、厳しさ、優しさ、それらすべての中に身を置き、素直に受け入れることで、心の平安と身体のくつろぎを得る。それが軽井沢のスタイル。都会にいるだけでは決して知ることができない豊穣なる時が、一年を通じてあなたを待っています。

「軽井沢千ヶ滝別荘地」では、景観、地形など自然条件を最大限に活かしたゾーンプランニングがなされており、高原の爽やかな陽ざしがたっぷり注ぐ地区、雄大なパノラマを展望する地区、野鳥や四季の自然とのふれあえる地区、そして新しい別荘スタイルを提案した「あさまテラス」など、魅力あふれる区画が 100年の歴史に育まれた風格あるこの地を、より一層趣深いものにしています。

アクセス

喧騒と距離を置き、森の中で自然の音に癒されるロケーション

東京都心から約1時間30分で行けるリゾート地、軽井沢。
人気リゾート地として名高く、トップシーズンには人口が3倍にもなり、町中心部は賑わいを見せます。
そんな時でもここ、軽井沢 千ヶ滝別荘地では静穏な空気が漂い、野鳥のさえずり、せせらぎ、風の音が響き渡ります。
周辺には千ヶ滝温泉やセゾン美術館など、別荘地内でのんびり過ごせる施設も。
自然豊かな癒しの森がオーナー様をお迎えいたします。

車でのアクセス

上信越自動車道 碓氷軽井沢I.C.より千ヶ滝別荘地まで車で約25分。
碓氷軽井沢I.C.を出たらプリンス通り、南軽井沢交差点より国道18号バイパス、塩沢通りを経て、中軽井沢駅より国道146号線北進すると市街地の雰囲気から、徐々に木々が増え落ち着いた雰囲気になっていきます。ハルニレテラスを過ぎた左手に軽井沢 千ヶ滝別荘地の入口がございます。
軽井沢はドライブに魅力的な土地で街中には高級スポーツカーやクラシックカーなど車の愛好家達がドライブを楽しむ様子が度々見られます。お洒落な車をみかけられるのも軽井沢の楽しみの一つです。

※夏の期間や連休中は、碓氷軽井沢I.C.~プリンス通りまで混雑が予想されます。軽井沢 千ヶ滝別荘地へは佐久I.C.又は、佐久平SICからのアクセスもスムーズですので迂回されることをおすすめいたします。

電車でのアクセス

北陸新幹線を利用し、東京駅~軽井沢駅まで約70分。
快適な車内で仕事や読書などしていたらあっという間に軽井沢に到着です。
軽井沢の魅力の一つは思い立ったらすぐにアクセスできること。
軽井沢駅から千ヶ滝別荘地まではタクシー利用で約6km(約12分)。
また、しなの鉄道に乗り換え、1つ目の中軽井沢駅からもタクシーをご利用いただけます。(千ヶ滝別荘地入口まで約2km)

また、軽井沢駅・中軽井沢駅より別荘地内を通る路線バスもございます。
千ヶ滝別荘地を経由し、鬼押出し園・万座温泉・草津温泉まで運行されています。
ご利用の場合は下記『西武観光バス 軽井沢-草津地区 時刻表』をご覧ください。
http://www.seibukankoubus.co.jp/karuizawa/jikoku.htm

※所要時間には、待ち時間・乗換え時間などは含まれません。また、シーズンや時間帯により多少異なります。

千ヶ滝別荘地 物件情報

該当件数 | 117

PAGE TOP