1. 軽井沢TOP
  2. Karuizawa Life
  3. 花々に魅せられて

花々に魅せられて

  • 2018年5月7日
  • Karuizawa Life

ガーデンをお散歩

ゴールデンウィークも終わり、新緑が美しい軽井沢です。

まだ緑が濃くなる前の、瑞々しい木の葉がキラキラと輝く様を眺めていると、それだけで心が穏やかになっていきます。そして…眠くなります(笑)

何より、この時期の朝の心地よさは格別。

暑くもなく、寒くもなく、野鳥の囀りを聴きながら清々しい空気を胸いっぱいに吸い込んで…。

家の近所を歩くだけでも十分気持ち良いですが、お休みの日の朝には少しだけ足をのばし『軽井沢レイクガーデン』でお散歩するのが大好きです。

広大な敷地に色とりどりの草花が咲き誇るナチュラルガーデンは、まるで絵本の中の世界。

ローズガーデンが見頃になるのは6月に入ってからですが、今の季節もチューリップやミズバショウなど春のお花が咲いていて十分に楽しめます。(写真は昨年5月に撮影したもの)

『軽井沢レイクガーデン』は、高原の清々しい空気と軽井沢らしい美しい景観が楽しめるので、友人が遊びに来た時にも必ず連れて行く場所の一つです。

ガーデンをゆっくりお散歩した後は、ぜひ『ブラッセリー ナカガワ』でランチを。クラシックなインテリア、お料理もどれも美味しいです。

テラス席からはガーデンを望むことができ、わんちゃん連れでも利用できるのがありがたいですね。
※シーズン中、テラス席は大人気なので予約必須

絶景!菜の花畑

軽井沢から車で約2時間ほど。

この季節のドライブにぴったりなのが、飯山市の『菜の花公園』。まさに今、菜の花が見頃のようです。

毎年開催されている“菜の花まつり”はGW期間中で終わってしまっているのですが、5月上旬までは、見渡す限り一面の菜の花畑を楽しむことができるそう。

写真は2年前のものですが、ちょうどGWに遊びに来ていた友人を連れてインスタジェニックな景色を楽しんできました。

千曲川沿いに、本当に見渡す限り、終わりが見えないくらいの菜の花畑が広がっているんです。

都会ではなかなか見られない雄大さですし、菜の花の柔らかな黄色って、なんだか幸せな気持ちになれますよね。

春のガーデンといえば…軽井沢から車で1時間半ほどの『国営アルプスあづみの公園』も見応えたっぷりでした。

写真は“里山文化ゾーン”の菜の花畑。(昨年5月に撮影)

他にも(写真が手元に残っていなくて残念なのですが)、残雪のアルプスを背景に色とりどりのチューリップが咲き誇っていて、その華やかさに思わず歓声をあげたのを覚えています。

どちらもこの時期にしか見られない光景なので、ご都合のつく方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

雲場池がリニューアル

そして…軽井沢では4月26日、長い工事期間を終えてついに雲場池がリニューアルしましたね!

軽井沢を代表する観光地ですが、四季折々に本当に美しく私も大好きな場所。新緑の季節、光ととともに木々が水面に映り込む景色の清々しさといったら…。

リニューアルしてからはまだ行けていないのですが、週末や連休は観光客で大賑わいでしょうから、平日の朝にふらりと覗いてこようかな(笑)。

こういうことができるのは、住んでいる者の特権ですね。

草木染のストール

初夏の足音が聞こえ始め「今日は暖かいな」と思っても、日陰や夜になるとまだまだ肌寒い…軽井沢あるあるですよね。

そんな時に重宝するのが、こちらのストール。

ちょうど母の日が近いのでギフトにも最適かな、と思いご紹介させてもらいます。

こちらは旧軽銀座・チャーチストリート軽井沢の1Fにある『Qculアトリエ』で販売されている“雲のストール”。

群馬県富岡市にある昭和6年創業の老舗・草木屋の商品で、シルク100%、桜、茜、藍など自然の染料を使い、手作業で着色されている逸品なんです。

草木染の優しい色合いが魅力的なのはもちろんですが、“雲のストール”という名前の通りふわっと空気を纏うような軽さと暖かさでつけ心地抜群。

私も以前、母の日に実家に贈ってとても喜んでもらいました。

軽井沢らしい、こだわりのある素敵なお品ですよね。そういうものを、私も少しずつ集めていきたいです。

  • 今回ご紹介したお店一覧

    • 軽井沢レイクガーデン
    • 2018年の営業は4/20(金)〜11/4(日) 9:00-17:00
    • 入園料 大人1,000円 / 小・中学生500円 (シーズンにより変動あり)
    • *軽井沢町民は割引があります。
Next:きらきら
2018年5月7日
Karuizawa Life

PAGE TOP