1. 軽井沢TOP
  2. Karuizawa Life
  3. クリスマス・ムード

クリスマス・ムード

  • 2018年12月3日
  • Karuizawa Life

落ち葉の後は…

この時期の軽井沢は、どこもかしこも落ち葉だらけ。

紅葉の季節の、あの燃えるような赤はどこへ…あっという間に木々の葉は落ち、窓から見える景色も寒々しい色彩へと変わっています。

本当は雪が降る前に、庭の落ち葉をかき集めてお掃除しなくちゃいけないのですが…さて、どこまでできるかな(笑)

愛犬のお散歩をしていると、落ち葉で埋もれた中から「カサカサ…」と音がしたりして、こんな寒空の中でもちゃんと生きている小動物の存在にホッとしたりします。

朝晩はもう、氷点下がデフォルト。

今年は例年より初雪が遅いようですが、もういつ雪が降ってもおかしくないので、これから軽井沢に来られる方は必ずスタッドレスタイヤでお越しくださいね。

クリスマス・ムード

町のあちこちにクリスマスツリーが設置され、イルミネーションも始まって、いよいよクリスマス・ムード。

毎年楽しみにしている軽井沢高原教会の『クリスマスキャンドルナイト』も、12月1日からスタートしています。

高原教会の敷地一帯がキャンドルでライトアップされ、それは幻想的な眺めなのです。まるでディズニー映画“ラプンツェル”の世界のよう。

週末やクリスマス付近はかなり混み合うので、平日の夜が狙い目。

そして当然ながらものすっごく寒いので、たくさん着込んで来ることをオススメします(笑)

期間中はハンドベルとハープの演奏が聴けたり、音楽礼拝に参加できたり、様々なイベントも開催されています。

私も過去に何度か礼拝に参加していますが、静かに目を閉じて愛について思いを馳せる時間はとても温かく心を潤してくれます。

普段バタバタと忙しく生活をされている方こそ、一年に一度、愛に満ちた空間に身を置いてみてはいかがでしょうか。

『クリスマスキャンドルナイト』の詳細は、特設サイトで確認できます。

生モミのリース

軽井沢に移住してからこの時期になると毎年作っているのが、こちらのクリスマスリース。

実はこれ、本物の生モミを使った、なんとも贅沢なリースなんです!

クリスマスリースは軽井沢に移住する前にも毎年手作りしていたんですが、アーティフィシャルやプリザーブド、ドライ等を使うことがほとんど。

まさかフレッシュのモミの木が使えるなんて…!と、最初に知った時は大興奮でした。

普段は玄関ドアに飾り、クリスマスパーティーをするときなどはテーブルセンターに置いたり。それだけで華やぐだけでなく、モミの香りが漂ってなんとも雰囲気があるのです。

軽井沢にあるフラワーアレンジメント教室で、毎年このクリスマスリースとお正月飾りをレッスンしていただくのが恒例行事。

軽井沢らしい心豊かな時間が、何かとバタバタ忙しい師走の癒しです。

お気に入りメニュー

さむーい朝にぴったりの、お気に入りの朝ごはんを見つけました。

以前から何度か紹介していますが、追分にある『Forest vale』さんの新メニュー、“きのことミートボールのトマト煮込み”。

こちら限定メニューでいつもあるわけではないので、だからこそ食べられた日は幸せになれる一品。

ストウブのポットそのまま提供されるので、最後まで熱々なのが良いです。

この日は朝からしっかり食べて、その後、風越公園のジム『スカップ軽井沢』に行ってきました。

今年の1月にジム通いを心に決めて、途中サボった時期もありましたが(笑)、月に2〜3回、1回1時間の運動を1年間継続したところ…先日の健康診断で、なんとお腹周り-4cmだったんです。歓喜!(笑)

これからの季節はついつい家に引きこもりがちになりますが、せっかく素晴らしい施設が町内にあるので頑張って通いたいと思います。

なんといっても、町民は1回300円ですからね^^

Next:12月17日更新予定
2018年12月3日
Karuizawa Life

PAGE TOP