1. 軽井沢TOP
  2. Karuizawa Life

当コラムをご覧の皆様、初めまして。軽井沢でPR&ライターをしております、安本由佳です。

千ヶ滝別荘地が100周年を迎える記念すべき年に、ご縁があり、こちらでコラムを書かせていただくことになりました。

2015年3月、念願叶って軽井沢に住まいを移し、早いもので3年が経とうとしています。当コラムをご覧の方の中にも、軽井沢移住を検討していたり、田舎暮らしに興味があるという方がいらっしゃるのではないでしょうか。

−軽井沢での暮らしって、実際どうなの?

そのリアルを、当コラムを通じてお届けできたらと思っています。

  • Vol.16

    五感で楽しむ秋

    今朝、表に出た瞬間。

    急に冷たくなった風を吸い込んだら、胸いっぱいに秋が広がりました。

    不思議ですよね。秋の風はその匂いも味も、どこかセンチメンタル。ふといろんなことを思い出し、しばし感傷に浸ってしまった朝でした。

    東京はまだ残暑という感じなのかもしれませんが、軽井沢ではもう…

    もっと見る
  • Vol.15

    食欲の秋、始まります

    毎年のことですが、お盆を過ぎるとあっという間に秋の気配。

    愛犬のお散歩をしていると、もうすでに栗が落ちているのを見かけて「ああ、秋だな」なんて感じています。

    そしてもう一つ秋を感じるのが、ツルヤの生鮮コーナー。

    この時期になるとシャインマスカット、ナガノパープル、巨峰、ナシ、いちじく…

    もっと見る
  • Vol.14

    夏の軽井沢社交

    今年は、千ヶ滝別荘地100周年。

    こちらのコラムも100周年を記念して開始された企画ですが、そのご縁で、8/3〜8/5に開催された、別荘オーナー様限定の音楽祭にご招待いただきました。

    実は今回、この機会に初めて伺ったセゾン現代美術館。

    お庭が大変美しいと聞いてはいましたが、想像以上に素敵な場所で…

    もっと見る
  • Vol.13

    軽井沢で、夏を暮らす

    今年は随分と暑くなるのが早く、例年よりは長く夏を楽しめそうですね。

    お盆を過ぎれば秋の風が吹く軽井沢では、今がまさに夏真っ盛り。(相変わらずこの時期、週末は18号がまったく動きませんね!)

    夜になれば町内のあちこちでお祭りが開催され、賑やかな季節を楽しんでいます。

    中でも毎年、夫婦で楽しみにしているのが長倉神社の花火大会…

    もっと見る
  • Vol.12

    涼を求めて、霧ヶ峰へ

    避暑地・軽井沢にいながら申し上げるのはどうかと思うのですが(笑)、今年の夏は暑い!

    昨年は扇風機すら一度も使いませんでしたし、ノースリーブを着たのも数日だったと記憶しているのですが…。今年は連日30度超えで、高原生活に慣れてしまった私はちょっと外出しただけでバテてしまいます(笑)。

    あまりにも暑いので、先日は涼を求めて霧ケ峰高原をドライブしてきました。

    もっと見る
  • Vol.11

    気分爽快!高原ドライブ

    梅雨の晴れ間となった先週、ちょっぴり足を伸ばして北軽井沢に出かけてきました。

    私自身、こちらに移住するまで知りませんでしたが、北軽井沢は群馬県にあり、軽井沢町内ではないんですよね。

    軽井沢よりさらに標高も高く、気候もずいぶん違います。

    この日はとても暖かく(と言っても24度前後という過ごしやすい気温)、雨上がりの澄んだ空気が…

    もっと見る
  • Vol.10

    霧の軽井沢

    朝はカッコウの鳴き声、昼間はハルゼミの音が聞こえる軽井沢。

    いよいよ最高のシーズン、初夏を迎えています。

    しかしながらキラキラの木漏れ日が拝める日もあれば、雨が降ることも多いのがこの季節。

    けれども雨の日の森はいつにも増して神秘的で、一雨ごとに緑が濃くなっていく様子は、その生命力に驚きと感動を覚えずにいられません。

    もっと見る
  • Vol.9

    愛犬と過ごす軽井沢

    良い気候になったので、愛犬(トイプードル♀)を連れて朝ごはんを食べに行くのが週末の楽しみです。

    軽井沢の飲食店はドッグフレンドリー。

    テラス席であれば、ほとんどがワンちゃん同伴OKなので助かっています。

    もっと見る
  • Vol.8

    きらきら

    早いもので、コラムの更新も8回目となりました。

    2月にスタートした時は雪が降っていて、裸んぼの木たちが静かに佇んでいたなんて…今、目の前に広がる若葉たちを眺めながら信じられない気持ちです。

    ゴールデンウィークはどこにもいかず、軽井沢でゆっくり過ごした我が家。

    小鳥のさえずりとともに目覚め、お散歩に出かけてみずみずしい若葉にパワーをもらう。そんな贅沢な朝を過ごして…

    もっと見る
  • Vol.7

    花々に魅せられて

    ゴールデンウィークも終わり、新緑が美しい軽井沢です。

    まだ緑が濃くなる前の、瑞々しい木の葉がキラキラと輝く様を眺めていると、それだけで心が穏やかになっていきます。そして…眠くなります(笑)

    何より、この時期の朝の心地よさは格別。

    暑くもなく、寒くもなく、野鳥の囀りを聴きながら清々しい空気を胸いっぱいに吸い込んで…。

    もっと見る
  • Vol.6

    ベストシーズン到来!おすすめの過ごし方(春~初夏)

    いよいよ、ベストシーズンがやってきます。

    上着なしでお散歩できる身軽さ、ぽかぽか陽気に清々しい空気!すでに昼間は20度を超える日もちらほら。

    私を含め軽井沢で暮らす人たちは皆、どの季節もそれぞれに大好きだと思いますが、やはり春〜初夏の時期は格別に思います。

    特にやっぱり朝が最高で、あまり朝に強くない私ですが、この時期だけは頑張って早起きしようという…

    もっと見る
  • Vol.5

    芽吹きの春

    今年は、春が駆け足でやってきましたね。

    春分にこの冬一番の積雪となったかと思えば、その翌日から気温がぐんぐん上昇。あっという間に雪は溶け、気がつけばすっかり春です。

    東京では早くも桜が見頃を迎えたとか。

    軽井沢で桜が満開になるのはもう少し後…例年ゴールデンウィーク前後ですが、4/7(土)からは、軽井沢から車で約1時間の場所にある上田城で千本桜まつりが…

    もっと見る
  • Vol.4

    軽井沢移住のリアル-後編-

    この3月で、軽井沢に移住してちょうど3年になります。

    「もうすっかり軽井沢ライフに慣れてしまって、都会での暮らしを忘れかけているほど(笑)。前回は、「軽井沢移住して変わったこと」というテーマで書かせていただきました。

    今回は、軽井沢移住後も変わらないなぁ、と思うことを書いてみようと思います。

    軽井沢は時に“東京24区”などと言われたりします。

    それはさすがに言い過ぎかな(笑)と思うものの、納得できる部分も…

    もっと見る
  • Vol.3

    軽井沢移住のリアル

    2015年3月に軽井沢に移住し、早3年になります。

    「軽井沢に住んでいる」と話すと必ず聞かれるのが、「なんで軽井沢?」「不便じゃない?」という質問。

    夫は毎日東京まで通勤しており、私も月に3〜4回は東京で仕事がある。新幹線で約1時間とはいえ、都内のメトロのように数分置きに電車が来るわけではもちろんなく…不便と言ってしまえば、不便なのかもしれません。実際、乗り遅れてしまって次は1時間後…なんてことも幾度かありました(笑)

    飲食店も早々にクローズ、コンビニも23時に閉まります。そもそもコンビニだって都会の…

    もっと見る
  • Vol.2

    ふらり、北陸の旅

    ふらりと、北陸へ行ってきました。

    これまであまり縁のなかった北陸地方ですが、軽井沢に移住してからはちょくちょく訪れています。
    日本海の幸って、どうしてあんなに美味しいのでしょう?今回は、加能ガニと香箱ガニをいただきに和倉温泉まで。実は昨年も同じ時期に訪れており、七尾湾を望む素晴らしい眺望と、「蟹の温泉蒸し」があまりに美味しくて忘れられず再び…。
    金沢の近江町市場でお決まりの海鮮丼を食べ、レンタカーで海沿いを走ろう!と楽しみにしていたのですが、ちょうど大雪が降った翌日で車窓を楽しむ余裕などなく…終始ヒヤヒヤしながら…

    もっと見る
  • Vol.1

    美しき、氷点下の世界

    『冬はつとめて。雪の降りたるは言ふべきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでもいと寒きに、火などおこして、炭持て渡るもいとつきづきし。』 軽井沢での生活は、かの有名な枕草子の一節が、随所で思い出されます。

    私は東京に出勤する主人を軽井沢駅まで送迎しており、早朝(6時過ぎ)に家を出ています。冬の朝の気温は、もちろん氷点下。猛烈な寒さの朝、マイナス20℃という表示に目を疑ったことも。

    それでもやっぱり『冬はつとめて』だなぁ、と毎朝感動するのです。

    夜に雪が降った翌朝、まだ誰にも汚されていない真っ白の雪景色。しん、と物音ひとつしない…

    もっと見る
Karuizawa Life
Karuizawa Life

PAGE TOP