千ヶ滝別荘地環境向上委員会

千ヶ滝別荘地環境向上委員会 Vol.7 【完】

今年も軽井沢に厳しい冬がやってきました。
軽井沢の冬はおよそ半年。
来春、緑が芽吹くまで、しばらくの間別荘地は森閑として静寂な時間を刻みます。

さて、2011年4月から一年六ヶ月にわたり昭和女子大学生活科学部のみなさんと共同で、
千ヶ滝別荘地の環境向上に向けて様々な試みを行なってまいりました『千ヶ滝別荘地環境向上委員会』も、
この秋をもってその活動に終止符を打ちました。

千ヶ滝別荘地環境向上委員会が発足したのは2011年3月28日。
この日第1回目となるキックオフミーティングがプリンスホテルの池袋本社にて行なわれました。
この日から実に一年六ヶ月、通算15回の打ち合わせを重ね、
西武プロパティーズ・プリンスホテル・昭和女子大学の三者間で様々な意見交換を行なってまいりました。
今回は10月30日に行なわれました最終の会議で昭和女子大学さんより報告いただきました今夏実施いたしました
『千ヶ滝Dog WAN Park』のアンケート集計結果のご報告をいたします。

P1040584.JPG
多数の愛犬家のみなさんにご来場いただき盛況のうちに閉場いたしました『千ヶ滝Dog WAN Park』。
昭和女子大学生活科学部のみなさんによる『ペットの散歩からみた地域環境に関する研究』のアンケートが
同時に実施され、24名の別荘オーナーさまから貴重なご回答が寄せられました。

・飼っている犬について
頭数 1頭63% 2頭以上37% 
性別 オス25%・メス75%
大きさ 大型25%・中型8%・小型67% 
1頭メス小型犬というのがもっとも多いケースでしたが、
多頭飼いや大型犬の割合が一般の住宅街とは違って多い傾向にあるようです。
犬を飼うきっかけは家族が動物好きだったから、が圧倒的で、犬を飼ったことによって生活に変化はあったか、
との問いには67%の方が家族間のコミュニケーションが増えた、
ペットを通じて友人ができた等、良い方向に変化したと考えられています。

・散歩について
1日の散歩の回数は約半数となる47%の方が2回と回答。
早朝と夕方というのは一般的なところです。
連れていく人は、夫26%・妻41%という結果。
珍しい回答では犬のシッターさんという回答も。

・散歩を通じて知り合いになった人はいるか
との問いには65%の方が「いる」と回答。
うち、35%の方がプライベートの付き合いもあると回答されています。
犬の散歩によって他人と仲良くなれる可能性は高く、
円滑な地域交流にも良い影響を与えると多くの方が考えられていることから、
犬が他人とのコミュニケーションを作るきっかけとなるのは明白です。

では、別荘地ではどうでしょうか。
軽井沢でペットクリニックやグルーミングへにいったことがある、
と回答された方は20%ほどで、
行かないと回答された方が大半でしたが、
ドックランに行くかの設問には60%の方が「行く」と回答。
近くにほしい施設として、大多数の方がドッグラン・ドッグカフェと回答されました。
この点から、『千ヶ滝Dog WAN Park』は愛犬家オーナーの要望に叶った施設であったことが分かります。

「良好な別荘地とは、所有者間のコミュニティが確立された別荘地である」
今回ご協力いただきました昭和女子大学生活科学部の竹田喜美子教授が、一番初めに私たちに教えてくれたことです。
その言葉を受け、別荘オーナーのみなさんがコミュニケーションを取りやすいきっかけを作ろう、
そして少しでも別荘地環境が快適なものとなるように働きかけよう、我々の根底にあったのはそんな思いでした。

『千ヶ滝Dog WAN Park』は実験的な意味合いも含まれていましたが、
期間終了後に多数のオーナーさまから続けてほしいとのお声をいただきました。
新からまつの森のドックランにつきましては、来春から本格稼動するために現在準備中です。

千ヶ滝別荘地環境向上委員会の活動は実にささやかなものであったと思います。
ですが、物事が進展するためにはなんらかのきっかが必要なものです。
ここから新しいコミュニティが生まれ、そして育ち、千ヶ滝別荘地がより一層みなさまに愛される別荘地となることを祈念し、
一年半にわたる活動の締めとしたいと思います。

ご協力いただきました昭和女子大学生活科学部のみなさまに心より感謝申し上げます。
また、Bigホームパーティー、千ヶ滝Dog WAN Park等各イベントに足を運んでいただきました
別荘オーナーのみなさまに厚く御礼申し上げます。

                                                             軽井沢営業所 所長
                                                                 渡部精一郎 

(協力)
 昭和女子大学生活科学部 竹田喜美子教授・番場恵美子講師ほか竹田研究室のみなさん。
 株式会社プリンスホテル 資産管理部不動産担当
 株式会社西武プロパティーズ くらし営業部すまい事業担当・軽井沢営業所


皆さま、だいぶご無沙汰しております。
夏ももう終わりに近づき、軽井沢では赤トンボもたくさん飛んでいます。
楽しい夏休みはあっというまに通り過ぎていきますね・・・。

さて、今夏の昭和女子大学との共同プロジェクト、みなさまご参加いただけたでしょうか?
ご予定があわなくて参加でなかった方々のために!
その日の様子をアップさせて頂く・・・その前に、今回のイベント主旨のご説明をさせて頂きます。

千ヶ滝別荘地環境向上委員会は、前回のご報告から約半年、ひそかに水面下でいくども協議を重ね、動いておりました。
今回のテーマは「環境整備の促進」。
とても壮大なテーマです。いきなり千ヶ滝別荘地全体をピカーンとキレイにする☆
なんてことは現実的ではないので、少しターゲットを絞って対応していこうという話になりました。

環境整備の促進。すなわち千ヶ滝別荘地内の施設を充実すること。

1.JPG

そこで、今回注目したのは「愛犬家」のみなさまです。
別荘地内を散策していると、オーナーさまが犬を連れて散歩している姿をよく見かけます。
きっと別荘には愛犬家が多いんだ!
と、いうことで千ヶ滝別荘地の環境を良くしていくための最初のステップとして、愛犬家オーナーさまが喜ぶ施設を作ることを決意!!
わんちゃんのための施設・・・もう、ドックランしかないですよね♪
そこで、夏期間限定ですが「Dog Run」を新設しました。その名も、『Dog Wan Park』!!
同時に、昭和女子大学さんではオリジナルうちわの作成やミニイベントを実施。また愛犬家のみなさまを対象とした別荘地内のペット動向調査も行いました。
ご来園頂いたオーナーみなさまにはに快くご協力いただきまして、大変感謝しております。
ありがとうございました。

そして、肝心のイベントですが・・・大盛況!
たくさんのわんちゃんに来ていただきました!!
もっと長い期間やっていてほしいと、たくさんの方からお声もかけていただき、大変嬉しく思っております。現在ドックランは、芝生の養生のためクローズさせて頂いています。
再開は来春を予定しております。

fog2.gif
5.JPG

また、現在軽井沢営業所(管理事務所)には、イベント期間来園して頂いたわんちゃんの写真を展示しております。

6.JPG

お近くまで来た方は、是非お気軽にお立ち寄りください♪


千ヶ滝別荘地環境向上委員会 Vol.5 「環境整備の促進」

先日は都心でも数年ぶりに雪が積もりましたね。
今年は例年より一段と厳しい冷え込みが続きますが、皆さんいかがお過ごしですか?

さて、昨年秋から第二弾のテーマ『環境整備の促進』について議論を進めております。

v5_pic1.jpg

一口に『環境整備の促進』と言っても、別荘地のどんな環境をどのように整備するのか、割と漠然としたテーマですよね。
どんなことをすれば別荘オーナーの皆さんの満足度を高められる環境整備ができるのか、これはもうアイディア勝負です。
いつもながらのザックバランな雰囲気の中で、楽しいアイディアはどんどん出てきます。
この肩肘の張らない気さくな雰囲気が千ヶ滝別荘地環境向上委員会のいいところ。どんな意見でもWelcome。言うだけタダです。

残念ながら内容については、検討段階ですのでまだお知らせできませんが、進捗については随時お知らせいたしますのでご期待ください!

v5_pic2.jpg

千ケ滝別荘地環境向上委員会 vol.4 アンケート結果

今年も残すところ、あと二ヶ月となりました。
紅葉も盛りを過ぎて、軽井沢には冬の気配が漂い始めましたが、
別荘オーナーの皆さまは、閉栓作業はもうお済でしょうか? 早いもので、もう冬支度の時期ですね。

 

さてさて、久しぶりのブログ更新ですが、vol.4_image001.jpg千ヶ滝別荘地向上委員会は現在もしっかりと活動しております。
第一弾のテーマだった「コミュニティの提供」については、8月のBigホームパーティーの大成功によって、足がかりは掴めたと思います。今後はどうやって拡充しつつ、継続していくかが大きな課題です。
現在は、第二弾のテーマ「環境整備の促進」について議論を始めたところです。

「環境整備の促進」の進捗は次回報告することにして、今回は8月のBigホームパーティーで皆さまにご協力いただきましたアンケートの結果をご報告させていただこうと思います。

アンケートの集計・分析は、昭和女子大学の宮本さんが担当されました。その詳細で的確な分析は素晴らしいの一言。感嘆いたしました。すべてを掲載するにはスペースが足りませんので、抜粋してご紹介させていただきます。

 

今回アンケートにご協力いただいたオーナーさまは31名さま。うち20名さまが女性のお客さまでした。


まず、パーティーの満足度。95%の方が満足。5%の方がやや満足という、
スタッフ一同目頭が熱くなるありがたい結果でした。
感想も、「アイディアに満ち、とても面白かったです」等、好意的な感想ばかり。我々も楽しかったです!

続いて、今回のパーティのような食を通したイベントはコミュニケーションを図る効果はあると思うか?の質問。
ここ重要です。とてもある50%、ややある45%、どちらともいえない5%、という結果でした。
こちらもほとんどの方が効果はあると、実感されたようです。

また、今後も参加したいか?の質問には、
95%の方がイエスとご回答いただき、これは絶対来年もやらねばと鼻息が荒くなりました。


さあ、ここから真髄です。
千ヶ滝別荘地の環境に満足しているか?満足84%、やや満足18%。
ふむふむ。みなさん概ね満足されているようですが、ここは次回のテーマと直結しているところですので我々にとっても重要です。


千ヶ滝別荘地で困っていることはあるか?ある30%、ない70%。
あると答えた方のほとんどが動物対策に頭を悩ませているとのこと。
千ヶ滝別荘地が豊富な自然の中にある証拠でもありますが、どうやったらうまく共存することができるのかも、
今後サブテーマとして取り上げていきたいですね。


最後に、現在の別荘を家族に相続するつもりか?というなかなか難しい質問は、回答が割れました。
相続する35%、分からない40%、無回答25%。子供が望むのなら、という意見が多かったです。
別荘地の永続的な運営には円滑な世代交代がとても大切です。親から子へ、子から孫へと受け継がれてゆくことで、別荘地は円熟さを増し、人の手では決して作ることのできない重厚な深みが染み出てくるのだと思います。
そのお手伝いをしたいと、我々は常に考えています。

というような結果でした。いかがでしたか?

前回ご参加が叶わなかった皆さまも、次回は奮ってご参加いただき、一緒に千ヶ滝別荘地を盛り上げていきましょう!!

7月は、だいぶ涼しかったですが、8月に入り猛暑が続いております。
節電対策も行いつつ、体調維持にも十分に気をつけてください。

さて、8月6日に、昭和女子大学さんとのコラボ企画「Bigホームパーティー」が開催されました。
たくさんの方にお越し頂き、大変感謝しております。
私たちも初の試みということで、少し手際が悪いところもあったかもしれませんが、
皆さまが笑顔で帰られてホッとしております。

イベントの内容は、準備のお手伝いから始まりました。
会場設置、竹箸の作成、バーベキューの食材準備などなど......たくさんお手伝いいただきました。  

 3_001.pngのサムネール画像

 そして、いざイベントスタート\(^o^)/  まずは、エプロン作りから。

これは昭和女子大学さんからのご提案で、バーべキューは油っこくなるので、
洋服が汚れないようにと、女性ならではの観点で生まれた企画。
ただ配るだけでは......ということで、皆さまに絵も書いていただきました。 

3_003.pngのサムネール画像のサムネール画像 

P1020916.jpg皆さまにお持ちいただいた1品は、バーベキューの具材や、自慢の一品にメロン、スイカなどなど。
バーベキューもかなり豪華になり、とってもおいしかったです♪  

そして、1本の竹から作った、お手製流しそうめん(*^^*) 

実は私も初めての体験(>_<) 
軽井沢の水はとっても冷たくて、よく冷えたそうめんをキャッチ!!
竹のお箸に竹椀、竹の薬味入れ・・・すべて竹づくし\(^o^)/

 そうめんの後は昭和女子大学の学生さんお手製のデザートをおいしく頂きました。

最後に、エプロンコンテストの結果発表!
かわいい女の子が作った、素敵なエプロンに票が集まりました♪  これにてイベント終了です。

とても楽しい一日でした。オーナーさま・昭和女子大学の皆さまをはじめとする、たくさんの方にご協力を頂き、
事故もなく無事終えることが出来ました。本当にありがとうございました!!

さて。昭和女子大学さんとはまだまだお付き合いさせて頂きます。

次の課題に向けて、また頑張りますっ(*^^*)

 

*------------------*----------------*------------------*----------------*------------------*----------------*------------------*----------------*

「Bigホームパーティー photo」 

3_003.jpg3_004.jpg

 

 

 

 

 

 


 

3_007.jpg3_006.jpg