246 スタッフブログ 【軽井沢レイクガーデン10周年!】

こんにちは。4月以来の登場の針生です。

赴任4か月経ちまして、軽井沢の買い物どころは少し覚えてきました。
元来、インドア派なものですから、
まだ、あまり軽井沢の名所を巡っていないのですが
(実は、このスタッフブログを読んで、知識を蓄えています)

先日、「軽井沢レイクガーデン」が開園10周年を迎えたということで、
記念パーティーに立ち寄らせて頂きました。
残念ながら当日は夕方から雨のため、
屋内開催だったのですが、キャンドルが綺麗でした。
(一部、ランタンだったような)
8月の軽井沢はあちらこちらの施設でキャンドルが灯っていて、印象的です。

img_20170821_01.jpg

img_20170821_02.jpg


img_20170821_03.jpg
なお、晴れた日には、こんな感じのガーデンが見られます。

img_20170821_04.jpg
ジブリ映画の'思い出のマーニー'風の景色が広がっています。

img_20170821_05.jpg
カラフルな外観の建物と湖面に浮かぶ'アサザ'が
風向きによって漂い印象的な表情を醸し出します。

245 スタッフブログ 【マルシェのご案内】

軽井沢千ヶ滝別荘地管理事務所の斎藤です。

先日の台風は雨がたくさん降りましたが、
千ヶ滝は大きな被害はありませんでした。
でも台風の時期はこれからなのでお帰りの際、
電化製品のコンセントは抜いた方が良いかもしれません。

台風が過ぎた翌日に発地市場へ行きました。
もう皆さんは発地市場へは行かれましたか?
私も今回で2回目。
お豆腐スムージーを飲んできました。
いちご味にしたのですがお砂糖が入っていないため
さっぱりとして飲みやすく、ちゃんとお豆腐の味もして
いちごもお豆腐も大好きな私にぴったりの飲み物でした。

img_20170814_01.jpg

気温は28度でしたが、日陰のベンチはとても涼しく
心地よい風がとても気持ちが良かったです。

img_20170814_02.jpg

千ヶ滝通信(夏号)でお知らせしておりますが、
8/14(月)~8/20(日)午前8時から午前11時まで
軽井沢営業所の玄関前テラスでマルシェを行います。
もしお時間がありましたらお越しください。
お待ちしております。

img_20170814_03.jpg

244 スタッフブログ 【涼を求めて】

軽井沢営業所の栁澤です。

今年は比較的涼しい夏ですが、生まれも育ちも長野の私にとっては
夏の暑さに耐えられなくなり、少しでも涼しさを求め、
軽井沢から1時間30分くらいの所の蓼科高原まで
ソフトクリームを食べに行ってまいりました。

自宅を出た時には快晴だったのですが、
だんだんと山を登っていくにつれ霧がまいてきて、
着いた時には肌寒かったのですが、
しっかりといただいてきました。

img_20170807_01.jpg

店名は「もうもう」、
看板に牛の絵なのに、、、馬しかいないのですが、
晴れた日はとても景色が良いので、
少し足を延ばして行ってみてはいかがですか?

img_20170807_02.jpg

img_20170807_03.jpg

243 スタッフブログ 【伝統芸能共演「軽井沢発地市庭夏祭り」】

千ヶ滝別荘地管理事務所の金井です。

梅雨が明けたのにぐずついた天気が続く毎日です。
その中、伝統芸能共演「軽井沢発地市庭夏祭り」が開催されました。

img_20170731_01.jpg
軽井沢町「太々(だいだい)神楽(かぐら)」 

日本三大熊野のひとつである熊野皇大神社に伝わる歌舞であり、
からすときつねの舞いの他5つの舞があるそうです。

img_20170731_02.jpg
小諸市「大浅間火煙太鼓」

img_20170731_03.jpg
岩手県大槌町「臼澤鹿子踊り」

軽井沢町は、大槌町に東日本大震災の復興支援をしています。

屋台も出て、大槌町のホタテ浜焼き、串焼きバーベキュー、
焼きそば、焼きとうもろこしコーナーにはかなりの列ができていました。

242 スタッフブログ 【濁川】

別荘地管理の佐藤です。

各地に甚大な被害を与えた梅雨もようやく終盤となり、
いよいよ本格的な夏期シーズンに入ろうとしていますが、
当地においては自然災害等の影響を受けること無き、
無事過ごせることを願ってやみません。

自然現象にはいろいろな事象がありますが、今回は濁川を紹介いたします。
浅間山の南面・標高1506m附近より湧出し、
17kmに渡り流れ下り、やがて浅科より千曲川へと流れこむ小河川です。

その特徴は写真でも判るとおり、常時黄濁していることです。
名前の由来の濁川もここよりきています。
湧出時点では無色ですが、味はとってもスッパイです。

鉄分・二酸化炭素が多く含まれ、流出後空気に触れることにより濁った色になるのだそうです。
その昔は稲作にも使用されたようですが、現在は不適とされているようです。

img_20170724_01.jpg
『三石区 こもれびロード(1000m林道)脇より撮影』

追分からの石尊山1667mへの登山道より100m程の所より
湧出しており是非一度訪れてみてはと思います。
工程は行きが3時間、帰りは2時間程度です。